ネズミの種類の見分け方 クマネズミ編

ネズミの種類はたくさんありますが、私たちに関わりのある種は家ネズミといわれるドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの3種です。

【クマネズミ】3種の中では中間の大きさで体長14~24cmくらいですが、一番やっかいで手ごわいのがこのクマネズミです。そして、我々業者でも手を焼く、「困った」とほとんどの依頼がこの種です。
動きの特徴が他の種と全く異なり、運動能力に優れており、平面でなく3次元的な動きをするので、防除の際も立体的な視点でとらえることができるかが最大のポイントです。事実、電線等をつたうのは日常茶飯事ですが、極端事例としては、垂直のコンクリートの壁を走って勢いをつけて上るのではなく、ゆっくりと上っているのを見たときは本当に驚きでした。
おまけに警戒心が他の種と全く比べものにならないくらい強いことが、プロをも泣かせる原因です。
都心のビルから田舎の田畑まで、あらゆるところに生息するクマネズミ・・・
保健所への被害相談件数が年々増加していることから、今後も要注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です